仮想通貨

ICPの台帳機能に関する用語を抑えよう-ニューロン編

ノンホルダー・リトです。

連日、ICPに関する情報を整理していると、
知らない概念、用語が多いのなんのって。

ここいらで、用語にももう少し精通したい。

今日はそんな記事です。

参考元です。

Understanding the Internet Computer’s Network Nervous System, Neurons, and ICP Utility Tokens
An in-depth technical breakdown of the Network Nervous System, the decentralized brain that controls the Internet Computer blockchain.

ニューロン(Neurons)

ニューロンは、ICPのバランスを固定し、
その所有者がネットワークガバナンスに参加し、
報酬を得ることができるようにします。

ニューロンは、ステーキングするシステム
みたいなイメージでとりあえずオッケーです。

そして、ニューロンの用語には、
以下のようなものがあります。

Identity (uint64)

ニューロン・オブジェクトの一般的な識別情報です。

ニューロンが他のニューロンを
フォローするように設定されている場合は、
この値が使用されます。

これは、ニューロンの作成時に選択される
ランダムな64ビットの値です。

ニューロン上のいわゆるIDのことです。

64ビットの文字列が与えられます。

Account (バイト、プライベート)

ロックされたICPの残高が存在する元帳のアカウントです。

ウォレットみたいなイメージです。

Controller (Principal ID, private)

ニューロンを実際に制御するプリンシパルです。

プリンシパルは公開鍵ペアを特定しなければならず、
これは「マスター・キー」として機能し、
対応する秘密鍵は非常に安全に保たれなければなりません。

このプリンシパルは、多くのニューロンを制御することができます。

プリンシパルは、
ユーザーもしくは、
canisterスマートコントラクトのことです。

ホットキー (プリンシパルIDのリスト、プライベート)

プリンシパルに対応する秘密鍵を公開することなく、
投票などの限られた権限でのアクションを実行するために
使用できる鍵(例えば、WebAuthn鍵など)。

これは、アカウントのパスワードみたいなイメージです。

CreatedAt (タイムスタンプ)

Neuronが作成された日時。

AgingSince (タイムスタンプ)

このニューロンがエイジングを
開始した時間に対応するタイムスタンプ。

これは、作成時または
ニューロンの溶解が停止した最後の時点のいずれかです。

この値は、ニューロンが溶解しているときには意味がありません。

なぜなら、溶解しているニューロンの年齢は常にゼロだからです。

DissolveState(溶解状態)

任意の時間に、WhenDissolvedと
DissolveDelayのうち最大で1つが指定される。

–WhenDissolved (timestamp)

Dissolveタイマが動作しているときは、
ニューロンが溶解した時点のUnixエポックからの
タイムスタンプを秒単位で格納します。

ニューロンが溶解している間、
ニューロンの所有者はいつでも溶解を
一時停止することができますが、
その場合は DissolveDelayが割り当てられます。

DissolveDelayは次のように割り当てられます。

–DissolveDelay(継続時間)

ディゾルブタイマーが停止したときに、
ディゾルブタイマーを開始するまでの時間を格納します。

長くても8年です。

この状態にあるとき、ニューロンの所有者は
いつでも溶解を再開することができます。

その場合、WhenDissolvedには、
アクションが実行されたときのタイムスタンプに
DissolveDelayを加えたものが割り当てられます。

平たく言うと、
ステーキングのロック期間のことです。

最大8年間は、$ICPを引き出せない仕様になっています。

一度設定すると、変えることはできないので、
ご注意を。

成熟度(正の数 – パーセント)

ニューロンの成熟度は、
新しいニューロンを生成する能力を決定し、
それに対応して新しく鋳造されたICPのロックされた残高が、
この値に等しい期待値で、
生成されたニューロンのステークのパーセントで決定されます。

新しいニューロンが作られたとき、その成熟度はゼロです。

ニューロンが投票すると、時間の経過とともに
NNSはニューロンに報いるために成熟度を上げていきます。

これは、こういうもんと、
とりあえず頭に入れておきます。

なんのこっちゃわからないので。

フォロー関係(トピックからフォロー先のリストへのマッピング、非公開)

ニューロンは、トピックごとに
他のニューロンをフォローすることで、
自動的に投票するように設定できます。

有効なトピックであれば、
フォロー先のリストを指定することができ、
ニューロンはそのトピックに属するタイプの提案について、
フォロー先の過半数の投票に従います。

nullトピックが指定された場合、
これはルールが指定されていない場合に、
ニューロンがfolloweeの投票に従うことを
可能にするキャッチオールの役割を果たします。

最近の投票(公開)

最近の投票を記録しています。

あるニューロンをフォローするかどうか、
あるいはフォローされている人が
どのように投票しているかを評価したい人にとって、
この記録は参考になります。

NotForProfit(ブール値)

このニューロンが “not for profit “であり、
投票によって解散できるかどうか。

おわりに

後半、なんのこっちゃわからなくなりました。

まだまだ、勉強不足を痛感です。

わかったら、随時、更新します。

免責事項

本記事を参考にした事によるいかなる不利益について、管理者は一切の責任を負いかねます。

DYOR, NFA

コメント

タイトルとURLをコピーしました