仮想通貨

ICPの台帳機能に関する用語を抑えよう-Ledger編

ノンホルダー・リトです。

連日、ICPに関する情報を整理していると、
知らない概念、用語が多いのなんのって。

ここいらで、用語にももう少し精通したい。

今日はそんな記事です。

参考元です。

Understanding the Internet Computer’s Network Nervous System, Neurons, and ICP Utility Tokens
An in-depth technical breakdown of the Network Nervous System, the decentralized brain that controls the Internet Computer blockchain.

Ledger(台帳)

ICPの台帳はNNS内でホストされており、
スプレッドシートの要領でICPの全残高を記録しています。

各行は「アカウント」と呼ばれ、
2つのフィールドを持っています
(つまり、2つの「列」があります)。

Account identifier(アカウント識別子)

アカウントを「コントロール」している
「プリンシパル」のアイデンティティから
得られるユニークな値。

現在、本人は以下のいずれかでなければなりません。

1.公開鍵ペアの所有者

2.NNSの一部であるcanisterスマートコントラクト
 のいずれかでなければなりません。

アカウントの識別子は、
ドメインセパレータ、プリンシパルID、サブアカウント
(サブアカウントが指定されていない場合はゼロ)を
連結したものをハッシュ化して得られます。

この概念は結構重要です。

特に、プリンシパルという言葉には、
2つのパターンがあることは抑えときましょう。

Balance(残高)

残高(正の整数、1億分の1のICPを表す)

アカウントのプリンシパルに割り当てられたICPの量。

アカウントができる操作

主人が公開鍵またはキャニスターの場合、
次のような操作をアカウントに適用できます。

Send(送信)
ICPの残高の一部を別の口座に送ります。
全てのICPを他の口座に送った場合、
送った口座は存在しなくなります(つまり、台帳から削除されます)。

Notify(通知)
送金先がNNSキャニスターの口座
(例:ガバナンスキャニスターの口座)の場合、
送信者は元帳の受信キャニスターに
送金の通知を依頼することができます。

受信側キャニスターは、
この通知に基づいて行動することができます。

この機能が使用される例としては、
ニューロンの作成とニューロンのステイクの更新があります。

これらについては以下で説明します。

台帳とガバナンス・システム(ニューロン)の間の相互作用を必要とする操作

Create neuron(ニューロンの作成)
本人が公開鍵の保有者である場合、
自分の残高の一部を新しいニューロンの中に
固定することができます。

技術的には、ニューロンの作成は2段階で行われます。

まず、ステークされるICPを
ガバナンス・キャニスタのアカウントに転送します
(これは新しいニューロンに対応しますが、
関連付けの詳細はここでは省略します)。

その後、ガバナンス・キャニスターに
送金があったことを通知し、
内部ニューロンの帳簿を更新する。

残高全体が新しいニューロン内にロックされた場合、
そのアカウントは存在しなくなります
(つまり、元帳から削除されます)。

このICPを別の口座に移動させ、
例えば元の口座に戻して、
再び通常の残高のように制御できるようにするには、
関連するニューロンを完全に解消して
分散(破壊)する必要があります。

作成された新しいニューロンは、
それを作成したプリンシパルの秘密鍵によって制御されます。

ニューロン内の全額が
別のニューロンに移動すると、
元のニューロンは削除されちゃいます。

知らなかった。

Refresh stake(ステーキングの更新)
あるニューロンのステークは、
元帳のアドレス/アカウントに送金し、
その送金をガバナンス・キャニスタに
通知することで増やすことができます。

ステーク量を更新すると、
ニューロンの成熟度と年齢が比例的に変化します。

例えば、ステーク量が2倍になると、
成熟度と年齢は半分になります。

そのため、産み出される量は同じで、
年齢ボーナスも以前と同じになります(絶対的な意味で)。

ステーキングの報酬は、
定率ではなく、定額ということです。

この辺、ちょっとリトの理解が追いついていない。

もっと調べていきます。

おわりに

ニューロンとか、
もっと基本的な用語を
まだちゃんと理解できていないことに気がつきました。

免責事項

本記事を参考にした事によるいかなる不利益について、管理者は一切の責任を負いかねます。

DYOR, NFA

コメント

タイトルとURLをコピーしました