仮想通貨

初心者でもわかるステーブルコイン

仮想通貨

ノンホルダー・リトです。

ステーブルコインも
たくさん増えてきましたね。

最近では、DeFiでステーブルコインだけのペアで
ファーミングができるDEXが増えています。

そこで、改めてステーブルコインの概要について、
初心者の方にもわかりやすいように解説します。

ステーブルコインを一言でいうと

ステーブルコインを一言でいうと、

安定したコイン

です。

そのままです。

何が安定かというと、価格です。

ここでの価格とは、
ドルのような法定通貨で買うとすると
いくらになるのか?ということです。

その価格が安定するということは、

法定通貨と同じような動きをする

ということと同じ意味です。

これを、ペッグといいます。

多くのステーブルコインが、
ドルと同じような動きをするように作られています。

そのため、よく
ドルペッグ通貨と呼ばれています。

ステーブルコインはざっくり3種類

ステーブルコインは、ざっくり3種類あります。

  • 法定通貨担保型(ハードペッグ)
  • 暗号資産担保型(ソフトペッグ)
  • 無担保型(アルゴリズム型)

一つ一つ、特徴や代表通貨を見ていきましょー。

法定通貨担保型(ハードペッグ)

法定通貨担保型は、
価値の裏付けとして、
法定通貨そのものを担保にしています。

もっとざっくりいうと、

ドルをそのまま仮想通貨に変換

といったイメージでOKです。

法定通貨と1対1の関係にあるため、
ハードペッグ通貨と呼ばれています。

法定通貨担保型ステーブルコインの代表には、
$USDTや$USDCがあります。

暗号資産担保型(ソフトペッグ)

暗号資産担保型は、
価値の裏付けとして、
仮想通貨を担保にしています。

例えば、$BTCや$ETHを担保にして、
発行されます。

ただし、その価格は、
ドルなどの法定通貨と同じ動きをするように
プログラムされています。

法定通貨と1対1の関係ではないため、
ソフトペッグ通貨と呼ばれています。

暗号資産担保型ステーブルコインの代表には、
$DAIがあります。

$IRONも暗号資産担保型に分類されます。

無担保型(アルゴリズム型)

その価値を裏付けるような担保が全くなく、
アルゴリズムだけで、
法定通貨と同じ動きをするよう設計されたものが
無担保型ステーブルコインです。

アルゴリズムが信用できるかどうかが、
そのステーブルコインを持つかどうかの判断になります。

代表的なものとしては、
$USTや$ESDがあります。

最低限これだけは知ておきたい3要素

非中央集権性

非中央集権性は、そのステーブルコインが
末永く利用できるかどうかの指標になります。

ステーブルコインの発行体が、
非中央集権であればあるほど、
末永く利用できる可能性が高いです。

例えば、USDTはTether社が独自に発行しています。

つまり、中央集権的な発行体によって、
$USDTは発行されています。

Tether社が潰れたりしたら、
$USDTは使えない可能性があります。

それに対して、$DAIは、
発行体自体がブロックチェーン上のDappsであるため、
非中央集権的な発行体によって発行されています。

つまり、運営が退いても、
Dappsが動いている限りは、
$DAIの発行ができたりします。

その点で、$DAIのほうが、
末永く使える可能性があるでしょう。

価格の安定性(ボラティリティ)

価格の安定性は、
担保型によるところが大きいです。

安定具合は、一般的に以下の順です。

安定:法定通貨担保型>暗号資産担保型>無担保型

下の画像を見るとよくわかります。

法定通貨担保型:$USDT

暗号資産担保型:$DAI

無担保型(アルゴリズム型):$UST

この3つのステーブルコインの
直近1年の最大変動幅を比較しました。

ステーブルコイン最大変動幅
法定通貨担保型:$USDT0.02
暗号資産担保型:$DAI0.035
無担保型(アルゴリズム型):$UST0.04

表の上に行くほど、
変動幅が小さいため安定性が高いです。

規制リスク

ステーブルコインは、
法定通貨と直接的に関係するため、
規制のリスクに比較的さらされやすいです。

そのため、規制によっては、
誰も利用できなくなってしまう、
なんて可能性もあります。

時価総額1位の$USDTと
2位の$USDCを比べた場合、

$USDCのほうが規制に対応しているため、
規制の煽りを受けづらく、リスクが低いとされています。

しかし、その分、
使い勝手は$USDTのほうが高いため、
時価総額では$USDTのほうが高いわけです。

ステーブルコインとの向き合い方

以上の特徴を踏まえると、
ステーブルコインは長期投資には
向いていないと思います。

ドルを長期で持つことと、
本質的には変わらないからです。

ドルペッグという利点を活かして、
日々の取引で活用するほうが
メリットは大きいです。

なぜなら、計算しやすいからです。

ステーブルコインはDeFi運用がトレンド

現在、ステーブルコイン同士をペアにしたLPトークンの
ファーミングがDeFiのトレンドになっています。

APR、つまり、年利が20%を超えることもあり、
界隈ではかなり注目されています。

ステーブルコインをペアにしたLPトークンは、
インパーマネント・ロスのリスクが比較的低いです。

なぜなら、どちらもドルと同じ動きをするからです。

つまり、どちらの通貨も価格変動しづらく、
両者の価格差もほとんど生まれないということです。

ファーミングの悩みどころである、
インパーマネント・ロスがないため注目されています。

ステーブルコインを持つなら、
DeFi運用も視野に入れてみてはいかがでしょう。

まとめ

ステーブルコインは、大きく3種類あります。

  • 法定通貨担保型
  • 暗号資産担保型
  • 無担保型(アルゴリズム型)

ステーブルコインの3要素

  • 非中央集権性
  • 価格の安定性(ボラティリティ)
  • 規制リスク

とりあえず、この点を抑えて、
ステーブルコインと接してみましょー。

いいところ、悪いところが見えてきて、
楽しいですよ。

ステーブルコインは結構たくさんあります。

Top Stablecoins by Market Capitalization - CoinGecko
Get stablecoins crypto prices, market cap, charts, volume, and more.

免責事項

本記事を参考にした事によるいかなる不利益について、管理者は一切の責任を負いかねます。

DYOR, NFA

参考資料

ステーブルコインの概要など

ステーブルコインの概要(和訳)|zacky|note
An Overview of Stablecoins Introduction soteria-currency.medium.com 著:Sotreria ※追記:04/12/2021 Soteriaのv0の概要を説明します。derivatives dexがBTCやSOLを担保として受け入...
An Overview of Stablecoins
Introduction
ステーブルコインって3種類あるって知ってましたか?【アルゴリズム型に言及してみよう!】|るー|note
こんにちは! ブロックチェーンに 興味津々な るー(@Rapelucy1003)です。 今回は、”ステーブルコイン”について 和訳してくれたやつを 要約する形で、自分のメモに note(本来の意味のノート)に します~~! ステーブルコインの概要は ツイートにまとめちゃった! ステーブルコインがなんぞやって いう...
ステーブルコインとは何か?基礎から徹底解説、裏付け資産の有無や利用手段で分類する
安定した価値を実現するように設計された「ステーブルコイン」。これに分類される暗号資産の取引が過去1年間で残高、取引金額とも4-5倍の伸びを示した。2020年はまさにステーブルコイン元年というにふさわしい年であった。2021年もステーブルコインの急拡大は続くことだろう。そこでこの記事では、ステーブルコインとは何かという基...
話題のステーブルコインとは?その仕組みと3つのメリットを解説
常に新しいニュースに事欠かない仮想通貨の世界。そんな仮想通貨の世界で、大きく注目を集めているのがステーブルコインだ。

DAIについて

仮想通貨Dai(ダイ)とは?特徴や将来性、おすすめの取引所を徹底解説!
Daiという仮想通貨を一度は耳にしたことがある!という方が、この記事に辿り着いていることでしょう。 まだ、日本ではあまり知名度が低い仮想通貨「Dai」ですが、この記事を読んでしっかり理解していきましょう。 このDaiは、 ...

https://makerdao.com/ja/whitepaper/#maker-vaultの操作

初心者のためのガイド:DAIとは何か、どのように機能するのか - Bybit Learn
安定したコインは、ボラティリティを最小限に抑える暗号通貨の一種です。たとえば、DAI。通常、米ドルや金などの他の資産に固定されます。詳細はこちら...

USDCについて

新たなハード・ドルペグ通貨「USD Coin」とは?類似通貨との違いも徹底解説! - CRYPTO TIMES
クリプト系金融ビジネス、Circleがトークン化型USドル「USD Coin」を発表しました。 今月15日にオフィシャルブログに投稿された内容によると、USD Coin(ティッカー: USDC)は米国の送金法に則った透明

免責事項

本記事を参考にした事によるいかなる不利益について、管理者は一切の責任を負いかねます。

DYOR, NFA

コメント

タイトルとURLをコピーしました