仮想通貨

SAUNA FINANCEからステーブルコイン「Boiler」登場

この記事は約3分で読めます。

ノンホルダー・リトです。

SAUNA FINANCEに新たな動きです。

Boilerというステーブルコインの登場です。

Boiler BUSD - Stable Token - SAUNAFINANCE

Boilerとは?

以下の解説を見てもらえば分かりますが、
$Boilerは$IRONと同じようなトークンです。

$SAUNAが$TITANのようなポジションです。

Boiler Tokenは、
BUSDを裏付けにSAUNA FINANCEが発行する
アルゴリズムの安定したコインです。

BUSD:80% + SAUNA: Mint時に購入された20%のSAUNA。

ボイラーは、80%がBUSDで裏付けられており、
ドルで完全に裏付けられています。

残りの20%はSAUNAで裏付けられています。

例えば、10.0boilerを手に入れようとすると、
ボイラのMintingエンジンは10.0BUSDを要求します。

その10.0BUSDから、8.0BUSDをボイラー契約に残し、
Pancakeswapで2.0BUSD分のSAUNAを購入し、
購入したSAUNAをボイラー契約に残します。

交換時には、20%の価値は、
Boiler契約に保管されている
「Mint時に20%で購入したSAUNAの数」に裏付けられます。

換金時に受け取るSAUNAは、換金したBoilerの割合によって決まります。

例:発行されたBoilerの総数が100個で、
10個のBoilerを交換した場合、
保管されている「ミント時に20%で購入したSAUNAの数」の
10%を受け取ることができます。

また、Pancake Swapでは、Boiler-BUSDペアのL Pを用意し、
1:1の価格を想定しています。

*この価格を維持するメカニズムは、
投資家のアービトラージメカニズムによって
維持されることを想定しています。

例:1 Boilerが1 BUSDよりも高い場合、
投資家は1 BUSDで1 BoilerをMINTし、
PancakeswapでBUSDと交換することで収益を得ます。

1BUSDが1Boilerよりも高ければ、
PancakeswapでBoilerを購入して換金することで、
トータルで利益を得ることができます。

安定した価格を維持するために、
お互いにアービトラージの機会を作るのが自然の摂理なのです。

TITANは2021年の仮想通貨業界の
かなり大きな事件を巻き起こした通貨です。

Boilerのリスクについては、
IRON(TITAN)事件から学べることが多いです。

こちらを参考にどうぞ。

Boiler-BUSD LPのメリット

投資家にとってのメリットは、
安定したトークン間のLPペアでEARNとして
SAUNAをほとんど永久に損することなく得られることです。

ボイラーがMINTされるたびに20%のSAUNAが買われ、
価格の上昇に貢献しますが、
LPファーミングではEARNとして排出されます。

ボイラーがMINTされるたびに20%のSAUNAが購入され、
価格の上昇に貢献しますが、
LPファーミングではSAUNAはEARNとして排出されます。

このような買い圧力と売り圧力の相互作用により、
市場価格に深みと安定性が増すことを期待しています。

また、Pancakeswapでは、
Boiler/SAUNAペアの流動性を提供することで、
これまでPancakeswapでは利用できなかった
Stable TokenとSAUNAの取引が可能になります。

まんま、IRONですね。

ちょっと不安だよSAUNA FINANCEさん

$SAUNA、連日がっつり下がってますね。

https://nomics.com/assets/sauna-saunafinance-token

あ、でも、Boilerが出たタイミングでちょっと上がってる?

これからどうなるんでしょうか。

このプロジェクトの運命やいかに。

免責事項

本記事を参考にした事によるいかなる不利益について、管理者は一切の責任を負いかねます。

DYOR, NFA

コメント

タイトルとURLをコピーしました