読書感想

マーケティングの法則って30個もあるんだ

読書感想

ノンホルダー・リトです。

ブログをはじめるようになって、
ウェブマーケティングなる単語を
よく見かけるようになりました。

しっかり抑えないといけないんだろうけど、

でも、そもそもマーケティングも知らないよ、
ってなっちゃいまして。

リトと同じように、

「マーケティング!?なにそれ食えんの?」

って、かたも多いかなと思いますが、いかがでしょうか。

そんな人にも読んでほしい本があったので、
学んだことの中から、
コツコツ積み重ねないと身に付かなそうな法則
を3つに絞ってご紹介します。

読んだ本『シュガーマンのマーケティング30の法則』

1,760円(税込)

イケハヤさんの課題図書で、
マーケティングの基礎本がいくつか
紹介されていました。

今回は、その中で、
ジョセフ・シュガーマンさんの

『シュガーマンのマーケティング30の法則』

を読んだので、学んだことを書いていきます。

30と最初から数がわかっているので、
消化してる感があって、
読むのが苦ではなかったです。

1つあたり、平均8ページで、
字数も少なく行間も広いので、
かなりテンポ良く読めます。

2、3時間で読むことができます。

この本のおすすめポイント

各章の最後に、以下のような項目で箇条書きがあります。

  • 法則名と概要
  • 実践する際のポイント

これを読み返すだけでも、
何をしたらいいかがすぐにわかります。

この使い勝手はまさにバイブル級です。

本の全体像

この本は、

「マーケティングとは、こうだ」

ということは一切、書いていません。

実は、オリジナルタイトルは、以下です。

Triggers: 30 Sales Tools you can use to Control the Mind of your Prospect to Motivate, Influence and Persuade.

「Marketing」という単語は書いていません。

このオリジナルタイトルからもわかるとおり、
この本の主題を一言でいうと、

「どうやったらモノを売ることができるのか?それには30個の法則がある」

ということです。

じゃあ、マーケティングってなんだよ?

そう思いますよね。

リトも、あれ?マーケティングの本じゃないの?

って、なりました。

そこで、マーケティングの定義をささっと調べて、
リトが理解したことはこうです。

マーケティングとは、モノを買ってもらい続けるための全ての活動

これが、マーケティングの定義だと理解しました。

そうすると、なるほど、シュガーマンさんの本の内容も
すべてマーケティングにつながる話だと気づけました。

なぜなら、シュガーマンさんが書いた30個の法則は
全てモノを買ってもらうために使えるツールだからです。

これで、邦題に「マーケティング」という単語が
使われたことに納得しました。

マーケティングの定義は、あいまいなので、
正直これぐらいざっくりしていいと思います。

大事なことは、この本で書かれているような
法則、テクニックを実践して効果を検証して、
と試行錯誤することです。

実践するにあたって

この本の巻末にシュガーマンさんは
このように語っています。

本の内容を実践するなら、
まずは優先順位を決めてひとつずつやってもいい

なんと優しいか。

この一言に救われました。

リトは、いきなり何個もやるということが
得意ではないからです。

そこで、コツコツやらないと身に付かなそうな
法則3つに絞ってご紹介していきます。

コツコツやらないといけないということで、
優先順位が最も高いのです。

コツコツやらないと身に付かなそうな法則3つ

コツコツ法則①:単純明快さ

あらゆるビジネス書や文章術の本でいわれることです。

「単純明快であること」

これが、もう難しい。

ブログに本気で取り組み始めて
まだまだ日が浅いので、
リトのブログは単純明快さに欠けています。

とはいえ、日々意識はしているので、
自分の中では、少しずつできている気でいます。

なので、これは日々の積み重ねで、
気づきを増やしていくしかないと確信しています。

まずは、自分自身にとって、
単純明快であるのかを
意識していきます。

さらに、自分の近しい人が
ブログを読んでくれることをイメージして、
その人が「わかりやすい」と思ってくれるような
文章を目指します。

ちょうど、「フリーランスの学校」のメルマガ#13で、
Twitterを毎日20-30は投稿しよう、
と思い始めたところでした。

Twitterも活用しながら、単純明快さを鍛えます。

コツコツ法則②:具体性

具体性は、商品でいえば、
その特徴や他のモノとの比較データなどを指します。

この具体性を、広告やパッケージに
効果的に載せることも重要です。

そして、ブログでいえば、
裏付けのデータや信憑性のある情報が、
具体性の役割を持っています。

リトもできる限り、
参考情報の質や自分の納得感を大事にして
ブログの執筆に取り組んでいます。

しかし、やっぱり時間の制約や
どうしても理解が追いつかないことがあったりします。

それを克服するためには、
日々の積み重ねの中で、
経験値を溜めていくしかないと考えています。

今は、ダメダメでも、
取材し続けることで知識がつき、
より具体性のある情報を
使えるようになると確信しています。

コツコツ法則③:権威性

その道のプロのことばやお墨付きが
商品のヒットにつながることがよくあります。

つまり、何か一つでもその道に精通していることが、
モノを売るには大切なことなのです。

この本でも著者はこういった、
第三者のお墨付きや格式高いブランド力は
「権威性」を発揮するとしています。

権威性はそれだけで、人の信頼を得られるのです。

権威性は、何も持っていないノンホルのリトには、
最も欠けていることです。

インフルエンサーには、それが幹のようにに重要ですよね。

これは、コツコツ何かに集中してチャレンジしないと、
一生ものにできない法則です。

リトは、まだそれがふんわりしています。

改めて、「これだ!」ってものに
はやく出会えるようにチャレンジを続けねば、
と気持ちがピシッとなりました。

結論:この本はバイブルです。

いつでも、各法則の概要と実践ポイントが
シンプルにまとめられていて、
すぐに振り返るできます。

なので、バイブル的に使いたいと思います。

まずは、以下の3つを意識して、
慣れてきたらどんどん実践していきます。

  • 単純明快か
  • 具体的か
  • どれだけ詳しくなれたか

しかし、改めて、まだまだ絞り込みが足りていない。

ビジネスの紹介をしている時点で、
テーマから逸脱していますよね。

仮想通貨のこともっとアウトプットしないとですな。

免責事項

本記事を参考にした事によるいかなる不利益について、管理者は一切の責任を負いかねます。

DYOR, NFA

コメント

タイトルとURLをコピーしました