【画像で解説】Polygon(MATIC)をメタマスクで使う方法

polygon-logo

OpenSeaにはPolygonネットワーク版があります。

Polygonはガス代がとても安いので、作り手さんも利用している人が多い。

今回は、Polygonをメタマスクで使う方法を画像3枚で紹介します。

Polygonでもお気に入りのNFTに出会えるかもしれません。

■ Polygonネットワークとは?

Polygonネットワークは、Ethereumから派生したブロックチェーンというイメージでいいと思います。

Ethereumの子供がPolygon、そんな感じです。

□ とにかくガス代が安いし処理が速い

Polygonは、Ethereumの2つの課題を改善するために作られました。

  • ガス代が高額
  • 処理がとても遅くなることがある

この2つの課題はどちらも、同じタイミングでたくさんの利用者がEthereumを使おうとするときに起こります。

いわゆる、「トランザクション詰まり」というやつです。

それを解決するために生まれたのがPolygonです。

□ Polygonの独自トークンは$MATICという

実践に入る前に、一つだけ覚えてほしいのが、Polygonの独自トークンです。

Polygonの独自トークンは、「MATIC(マティック)」と言います。

Polygonを使う場合、ガス代はこの$MATICを使用します。

$MATICはbitbankで購入するのが、いちばんかんたんな入手方法です。

>>bitbankで口座開設してMATICを購入する

■ 【画像3枚で解説】 Polygonをメタマスクで使う設定方法

むずかしいことはおいおい勉強していけばいいと思うんです。

とにかく実践したほうが、Web3の世界は楽しいので、さっそくPolygonをメタマスクで使えるようにしましょう。

たった3枚の画像で解説できるぐらいかんたんです。

□ ステップ①:メタマスク起動してネットワークを追加

まずは、メタマスクを起動します。

下の画像のように、メタマスクのウォレット画面の上にある「Ethereum  Mainnet」ボタンを押します。

すると、小さいウィンドウが出てくるので、「Add Network」ボタンをクリックしましょう。

メタマスクでネットワークの追加

□ ステップ②:Polygonの情報を入力する

ネットワークの設定画面に移動すると思います。

下の画像と同じ内容を入力して「Save」ボタンを押します。

👇【入力内容】

  • Network Name : Polygon
  • New RPC URL : https://polygon-rpc.com
  • Chain ID : 137
  • Currency Symbol : MATIC
  • Block Explorer URL : https://polygonscan.com/
ネットワーク情報の入力

□ ステップ③:ネットワークを切り替える

これでPolygonの設定は完了です。

下の画像のように、メタマスクでPolygonを使う場合は、ネットワークを切り替える必要があります。

ウォレット画面の上側のネットワークボタンを押すと、Polygonが表示されているので、それをクリックします。

これで、Polygonに切り替え完了です。

Polygonネットワークに切り替え

すごくかんたんですよね。

■ 気をつけてほしいこと

気をつけてほしいのは、ネットワークを切り替えることです。

自分が今Ethereumを使っているのか?Polygonを使っているのか?わからなくなるときがあります。

自分がどのネットワークを使っているのかわからないと、送金処理ミスが発生して最悪トークンを失うリスクがあります。

「セルフGOX」と呼ばれたりします。

そのため、自分はどのネットワークに接続しているか、必ず確認しましょう。

👇セルフGOXを格段に下げる方法

関連記事

メタマスク(MetaMask)を安全に管理するのに、ブラウザのプロファイル機能が活躍します。 なぜなら、送金ミスでトークンを失う(セルフGOX)リスクが格段に下がるからです。設定が面倒くさいのは、最初だけ。 プロファイルの効果[…]

metamask-logo

■ おわりに

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Ethereumを使う機会って、けっこうなお金を持っていないと少ないものです。

Polygonを使っていろんな経験を少額で試していきましょう。

👇bitbankが$MATIC(Polygonの独自トークン)の取り扱っています。

>>bitbankで口座開設してMATICを購入する