【裏技】メタマスクを安全に管理する「ブラウザのプロファイル機能」 

metamask-logo

メタマスク(MetaMask)を安全に管理するのに、ブラウザのプロファイル機能が活躍します。

なぜなら、送金ミスでトークンを失う(セルフGOX)リスクが格段に下がるからです。設定が面倒くさいのは、最初だけ。

プロファイルの効果と具体的な設定方法を解説します。

■ 【裏技】ブラウザのプロファイル機能のメリット

プロファイル機能の最大のメリットは、2つあります。

  • 送金ミスでトークンを失う(セルフGOX)リスクが格段に下がる
  • ブラウザを複数立ち上げて、複数のブロックチェーンを参照できる

MetaMaskで複数のブロックチェーンを管理していると、頻繁にブロックチェーンを切り替えないといけません。
それが原因で、 間違ったブロックチェーンに送金してトークンを失う(セルフGOX)危険性が高まります。

さらに、ブリッジするためにアドレスを参照しようとすると、MetaMask上でブロックチェーンを切り替える必要があります。これがかなり面倒くさい。

そんなトラブルや悩みを解決するのが、ブラウザのプロファイル機能です。

*参考
ブリッジとは、あるブロックチェーン上にあるトークンを別のブロックチェーンに送ることです。
例:Ethereum ネットワーク上にある$ETHをPolygon ネットワークに送る

□【事例】 セルフGOXあるある

ここではセルフGOXの例をかんたんにお話しします。

webウォレットのMetamaskでは、 複数のブロックチェーンに接続できますよね。
BSC、ETH、Polygon、Polkadot、Cosmos、Solanaとか。

例えば、自分がPolygonネットワークに接続しているとします。

友人にEthereum上の$ETHを送りたいとします。

でも、自分はPolygonネットワークに接続していることに気づいていなかったとします。

そして、Polygon ネットワーク上の$ETHを、 Ethereum ネットワーク上の友人のウォレットアドレスに送金してしまいます。

そうすると、ネットワークが違うため、 友人には$ETHは届かず、自分の元にも返ってこない。
トークンがなくなる。

それが、セルフGOXです。

1つのwebウォレットで、 複数のブロックチェーンを利用していると、この「気づけない」が多発します。

ブラウザのプロファイル機能はそれを防ぎます。

なぜなら、プロファイル機能を使うことで、ブラウザ自体をブロックチェーンごとに使い分けられためです。

これがプロファイル機能のメリットです。

■ 【疑問】ブラウザのプロファイルとは?

今回は、chromeブラウザを対象に解説します。

プロファイルとは、ブラウザのユーザーアカウントです。

PCのローカルユーザーみたいなものです。
PCを家族で共有している場合、ローカルユーザーアカウントを、利用者ごとに作ったりしますよね。

それと同じことをブラウザでも設定できます。

□ 【注意】Googleアカウントとは違う

ここで混同してしまうのが、Googleアカウントです。
メールアドレスとか作る、あれです。

Googleアカウントとプロファイルは、まったくの別物です。
難しく考えず、そういうものだと思ってください。

ちなみに、1つのプロファイル上で、 複数のGoogleアカウントを切り替えて利用できます。

■ 【簡単】プロファイル機能の設定方法

それでは、chromeでプロファイルを複数作ってみます。

今回は、BSCとEthereumの2つのネットワークを管理するケースです。

□ ステップ①:ブラウザ右上の人マークをクリック

ブラウザを立ち上げたら、 右上の人マークをクリックします。

Chrome-プロファイル-設定-01

□ ステップ②:プロファイルを追加をクリック

下の画像のような小窓が出たら、 プロファイルを追加をクリックです。

Chrome-プロファイル-設定-02

□ ステップ③:アカウントなしで続行をクリック

下のような画面が出たら、 「アカウントなしで続行」をクリックします。

Chrome-プロファイル-設定-03

□ ステップ④:プロファイル名とテーマカラーを設定

プロファイル名には、ブロックチェーン名を設定するのがおすすめです。

一目でわかりやすいからです。

色のテーマも変えてみると、 視覚的にも覚えやすいです。

下の画像のように、黄色にしてみました。

BINANCEのテーマカラーですよね。

Chrome-プロファイル-設定-04

□ ステップ⑤:プロファイル完成

これで完成です。

Chrome-プロファイル-設定-05

あとは、同じ容量でEthereumも作ってみます。

こんな感じになりました。

BSC用プロファイルもしっかりリストに出ていますね。

このように、ブロックチェーンごとにプロファイルを分けてMetaMaskを管理します。

こういう作業って、地道で楽しいですね。

■ まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。改めてこの記事の内容をまとめます。

プロファイル機能の最大のメリットは、2つある。

  • 送金ミスでトークンを失う(セルフGOX)リスクが格段に下がる
  • ブラウザを複数立ち上げて、複数のブロックチェーンを参照できる

そして、プロファイルの設定はとてもかんたんにできる。

大事なトークンを失わないよう万全な対策をおすすめします。