仮想通貨

あなたの資産を守る。基本のハードウェアウォレット

仮想通貨

ノンホルダー・リトです。

前回に引き続き、仮想通貨を守るアイテムをご紹介します。

ハードウェアウォレットは嗜みです

そう、今回はハードウェアウォレットのご紹介です。

ハードウェアウォレットは簡単にいうと、
物理的な保管庫です。

お財布のイメージでオッケーです。

ハードウェアウォレットはこれ一択

その名も、Ledger Nano X です。

まず、名前がかっこいい。

そして、非常にコンパクトです。

USBメモリと同じぐらいのサイズです。

Ledger Nano Xのメリット

メリットは、大きく3つです。

  • 1,100以上の仮想通貨の保管が可能
  • 独自のセキュリティも入っている
  • iOSやAndroidにも対応したデバイス問わず

対応している仮想通貨のリストは、
公式サイトでチェックです。

Ledger Supported Coins & Tokens | Ledger
Secure your crypto assets such as Bitcoin, Ethereum, XRP, Monero and more. Give yourself peace of mind by knowing that your cryptocurrencies are safe.

最近注目の$ICPは、対応していないです。

残念。

しっかり、対応通貨を確認しましょー。

そもそもハードウェアウォレットのメリット

ハードウェアウォレットの最大のメリットは一つ。

オフラインで保管できる。

これにつきます。

これにより、ハッキングで盗まれる
というリスクを避けることができます。

もし、あなたの仮想通貨の資産が
数百万円を超えるなら、
絶対に購入するべきです。

2万円弱で、莫大な資産を守れるなら、
安いもんです。

ハードウェアウォレットのデメリット

デメリットは、2つです。

窃盗・紛失・破損で資産は終わる。

ソフトウェアの不具合のリスクもある。

どちらも、万が一のリスクです。

オンラインで保管したせいで、
ハッキングで仮想通貨を盗まれるよりは、
ずっと小さいリスクです。

どちらのリスクを取るか、
それはしっかりご自身で判断してくださいね。

まとめ:ハードウェアウォレットは嗜み

仮想通貨をけっこうな金額で運用するなら、
ハードウェアウォレットは必須アイテムです。

ハードウェアウォレットの購入金額は、
費用に計上できるので、
節税対策にもなります。

ぜひ、検討してみてくださいね。

免責事項

本記事を参考にした事によるいかなる不利益について、管理者は一切の責任を負いかねます。

DYOR, NFA

コメント

タイトルとURLをコピーしました