仮想通貨

投資方法は決めた。あとは、どの仮想通貨に未来を託すか:②ethereum?

仮想通貨

ノンホルダー・リトです。

緊急連載企画の第2弾です。

とにかく、リトがお金持ちになるために、
どのブロックチェーン、仮想通貨に未来を託すべきかを考える
連載企画を始めました。今日は2回目です。

特に初心者のみなさんにも共感いただけるような、
内容に仕上げていきますね。

前回はビットコインについて検討して、とりあえず投資はすることに決めました。

でも、投資額を一番多くすることはせず、
もっと面白いブロックチェーンに未来を託したいなと。

そこで、この連載企画で、ブロックチェーンの色々と勉強していきます。

今回は、Ethererum、日本語で読むとイーサリアムです。

前回記事はこちら

Ethereumとは?何がいいの?

EthereumはDappsの父

Dappsは、非中央集権で管理されるアプリケーションです。

普通のアプリケーションは、どこかの企業が作って、
ユーザーの情報やプログラムやデータの保管を、
その企業が一手におこなっていることが多いです。

でも、Dappsでは、もちろん、プログラム自体は企業とかが作るんだけど、
基本的にオープンソースになっていて、
データの保管は、ブロックチェーンに繋がれている無数のPCに
散らばって保管されているのです。

つまり、データの管理などは、特に非中央集権的に管理されているということです。

そして、このDappsを実現させたのが、何を隠そう、
Ethereumというブロックチェーンなのです。

Ethereumは、ビットコインにはない、汎用性の高いブロックチェーンです。

EthereumはDeFiの父

Ethereumは、もともと、不動産の取引について、
通常必要な第三者による契約証書の審査みたいなものを、
必要としないような契約手段になるよう設計されました。

難しいことは、考えなくて大丈夫です。

簡単にいうと、何か契約書が必要な取引を
ブロックチェーンで証明してあげよう
という目的で作られたのです。

これは、すごいことです。

要は、不動産の取引での第三者証明にかかるコストが、
格段に安くなるというわけなのです。

そして、この契約の証明を代行するという機能は、
不動産以外にもあらゆる取引行為に拡張できたのです。

例えば、お金の貸し借りです。

これも通常は、何らかの契約書を交わす必要があります。
その契約書の証明手段として、Ethereumのブロックチェーンが使えることになりました。

そう、DeFiの誕生です。

そして、先ほどのDappsにも応用されるようになりました。

Ethereumはブロックチェーンゲームの父

Dappsで一番イメージしやすいのは、ブロックチェーンゲームですね。

スマホゲームをブロックチェーンで管理するというイメージです。

何がメリットかというと、そのゲームで得られたアイテムやキャラクターを
固有のものとして、証明することができる点です。

つまり、同じものは2つとない、アイテムを手に入れることができます。

これは、よくNFTをいわれていますよね。

NFTは簡単にいうと、唯一無二のものとして証明されたデジタルデータです。

そして、そのNFT化されたアイテムは、自由に他のユーザーと取引できるのです。

ゲーム内のアイテムを売ったり買ったりできます。

限定のアイテムを入手したりすれば、そのアイテムを高値で売って、
お金を稼ぐことができちゃいます。

今、ホットなのは、Axie infinityですね。

Axie Infinity
Join the blockchain gaming play to earn revolution with Axie Infinity!

東南アジアでは、このゲームで成金になった人がたくさんいるみたいですよ。

夢がありますね。

しかし、リトは完全にAxie infinityに乗り遅れました。長い目で見たら、
まだまだ始める余地がありそうだけど、ちょっと迷い中ですね。

Ethereumへの懸念点

ガス代が。今後もそのリスクはある。

先程、EthereumはDeFiの父といいましたが、実はリトは、ethereum上のDEX、
つまり、分散型取引所にアクセスしたりといった、DeFiはやったことがありません。

なぜかというと、DeFiに興味を持った2021年2月は、ethereumのガス代が高騰していたからです。

ガス代というのは、いわゆる手数料だと思ってください。

DeFiをやるには、例えば、コインチェックとかの取引所で購入した仮想通貨を、
メタマスクなどのwebウォレットに送金したり、webウォレットからDEXに送金したり、
LPトークンつくったり、細かく仮想通貨を動かしたり、別の仮想通貨に交換したりとする必要があります。

こういった、行為ひとつひとつにガス代がかかります。そして、DeFiバブルの2021年初頭は、そのガス代がものすごく高かったのです。

極端にいうと、1,000円分のETHを送金するために、1,000円以上のガス代を支払う必要があったりしました。
いわゆる、手数料負けが発生しやすかったのです。

右も左もわからないうえに、ノンホルだったリトが始めるには、非常に分が悪かったのです。

2021年7月現在は、市場も落ち着いているので、かなりガス代は安くなってきているみたいです。

このガス代は、ethereumブロックチェーン上での取引、
つまり、トランザクションの量によって、上下します。

ガス代は、いわゆるマイナーが取引を承認することに対する、チップみたいなものです。

なので、トランザクションが多すぎると、マイナーにの処理負担は増すわけです。

そうなってくると、もっと高い報酬をもらえないと、
マイナーにとっては、労働量だけが増えるだけ、みたいな状況になります。
実際には、ブロックチェーン上に接続しているPCの負荷が高まるだけですが、
それは、そのPCの持ち主にとっては、電気代というコストに関係してきます。

そういうことて、トランザクションの混雑は、マイナーへの負担が大きくなるので、
報酬を高くしないとかわいそうな状況になるから、その報酬であるガス代が高騰しちゃうわけです。

今後もこういうことがあると思うと、資金力がないリトには、
なかなか参入しづらいブロックチェーンだといわざるを得ない。

発行上限がない

BTCのように、ETHは発行上限がありません。

なので、希少性という価値の裏付けはありません。

では、なぜ価格が上がっているのかというと、色々要因はあると思いますが、
たとえば、以下の理由があると思います。

  • Dappsを使いたい人が増えた
  • Dappsを作りたい人が増えた

もちろん、マネーゲームで高騰しているという点もあると思いますが、
上記の点は、ethereumは特に強いように思います。

ethereumのブロックチェーン上で、例えば、
Twitterみたいな世界中の人が使うようなすごいサービスが出たら、
間違いなく、ETHの需要は増すでしょう。

ただし、発行上限がないことや、半減期もないことから、
短期中期的な価格変動は、ビットコインほど大きくはならないとされています。

将来的に価格が上がるのかという期待は、
ビットコインほどできないのでは?と、リトは思います。

価格の決まり方は、もっと勉強が必要ですね。

結論:迷う

ethereumをガチホしていくのは、もちろん悪くない選択肢だとは思いました。

なぜなら、Dappsのプラットフォームとして、歴史もあり、ユーザーも多いからです。

とはいえ、ETHの価値というのが、いまいちわからない。
具体的には、ethereum上のDappsが世界標準レベルのサービスになったりしたとき、
ETHの需要は伸びるけど、それと同時にマイナーも増えないといけないでしょう。

ethereumのユーザーとマイナーの数のバランス次第では、
価格がどこかのポイントで安定することになったりする気がしてきたのです。

リトはオツムぱっかーん系なので、そんな難しいこと考えずに投資したいのだけど、
なにか心に引っかかりがあるのです。

なので、焦らず、他にもブロックチェーンを見ていきたいと思います。

とりあえず、これまでノリでETHは結構買っていて、
取得単価も今のところ割安で買えているので、
それはとりあえず、ガチホしておこうかな。

どうせ持っとくなら、レンディングとかDeFi運用をした方がいい気がする。

ベストは、ステーキングなんだけど、そんなにたくさんは持っていない悲しみ。

参考

ethereumのガス代については、以下のサイトが参考になります。

イーサリアムのガス代とは?計算方法から節約方法までわかりやすく解説!
この記事をざっくり言うと・・・イーサリアムのガス代とは送金手数料のことです。ガス代はユーザーがある程度設定でき、たくさんガス代を払えば早く送金できるメリットがあります。近年ではガス代(送金手数料)の高騰が問題になっており、その計算方法や節約

ethereumを使う人は、以下のサイトでガス代をチェックして、取引しています。

https://ethgasstation.info

ethereumのPoSについては、以下の記事が参考になります。

イーサリアムに必要な電力量を調査、イーサリアム2.0によるPoSへの移行で99.95%が削減される見込み【5分でわかるブロックチェーン講座】
 暗号資産・ブロックチェーンに関連するたくさんのニュースの中から見逃せない話題をピックアップ。1週間分の最新情報に解説と合わせて、なぜ重要なのか筆者の考察をお届けします。

免責事項

本記事を参考にした事によるいかなる不利益について、管理者は一切の責任を負いかねます。

DYOR, NFA

コメント

タイトルとURLをコピーしました