仮想通貨

Internet Identityを複数デバイスで

この記事は約2分で読めます。

ノンホルダー・リトです。

ICP(DFINITY)やってますか?

Appleユーザーは、非常に動きやすいです。

なぜなら、セキュリティーキーを購入する必要がないから。

今回は、ざざっと、Internet Identityを
他のデバイスでも使えるようにしましょう。

やることリスト

  1. 2台目を用意(Mac、iPhone、iPad)
  2. Internet Identity Anchor(ID)を確認
  3. 1台目から2台目の登録を許可

これだけです。

あとは、やるだけ。

ステップ1:2台目でInternet Identityを開く

2台目のデバイスを用意して、
以下のページにアクセス。

Internet Computer Content Validation Bootstrap

ステップ2:2台目を登録する

「Already have an anchor but using a new device?」
をクリック。

1台目で既に登録したAnchor(ID)を入力します。

数字6桁ぐらいのやつです。

「Continue」をクリックすると、
セキュリティキーの認証が求められます。

指紋又は顔認証をいつも通りやります。

そしたら、以下のページが出ます。

2台目でやる操作はここまでです。

ステップ3:1台目で2台目の登録を許可する

最後のステップです。

先ほど出てきたURLを1台目で開きます。

下の画像の赤塗りのところに、URLが出ているはずです。

もし、1台目がiPhoneなどカメラがついているなら、
QRコード表示からアクセスできます。

無事開けたら、あとは認証するだけ。

はい、簡単です。

2台目を登録する理由

2台目を登録するのは、非常に大きな理由があります。

それは、1台目が物理的に故障すると、
別のデバイスからInternet Identityに
ログインできない可能性があるからです。

これは、あくまでも噂ですが、
無用なリスクは避けたいところです。

なので、とりあえず、
2台目も登録することをオススメします。

免責事項

本記事を参考にした事によるいかなる不利益について、管理者は一切の責任を負いかねます。

DYOR, NFA

コメント

タイトルとURLをコピーしました