仮想通貨

DeFi「ICPSwap」を完全無料で始める方法【給付金あり】

仮想通貨
この記事は約7分で読めます。
ビッグボス
ビッグボス

DeFiに興味あるけど、ハードル高いなぁ。

お金もかかるしなぁ。

大丈夫です。

完全無料で、煩わしい登録も不要なDeFiプロジェクト「ICPSwap」があります。

デモ版なので、無料で試せる。

さらに今、ICPSwapを触っておくとエアドロップを受けられます。

エアドロップとは、無料で仮想通貨やNFTをもらえるイベントのことです。給付金ともいいます。

こんな悩み人におすすめ

・無料で手軽にDeFiを体験してみたい

・エアドロップ(給付金)を体験してみたい

・ICPSwapが気になる

この記事を書いた人
のんほる

メタバース×web3でおカネを稼ぐ情報を発信|初心者向けコンテンツも多数|全財産7ケタ円を仮想通貨に極振り|ブログ歴6ヵ月・収益累計33,300円|DAO貢献収益1,000SAUNA|

のんほるをフォローする

ICPSwapとは?

https://icpswap.medium.com/icpswap-demo-1-0-on-dfinity-f61136e233b
ICPSwapのポイント

・ICPというブロックチェーン上で動くDeFiプロジェクト

・現在はテスト版のみで実際のお金を使わなくても始められる

・エアドロップ(給付金)がもらえる

ICPSwapはICP上のDeFiプロジェクトの中で、最も注目を浴びています。

というのも、デモ版で所定の条件をクリアした人向けにエアドロップを実施したからです。

もうすでに、NFTのエアドロップは終わったかと思いきや、まだチャンスがあることがわかりました。

具体的なエアドロップの申込方法は、この記事の後半で解説します。

ビッグボス
ビッグボス

ICPSwapチャレンジしてみっか。

【今が熱い】ICPSwapを始める3つのメリット

ICPSwapを始める3つのメリット

・無料でDeFiを体験できる

・エアドロップを体験できる

・NFTを所有することができる

ICPSwapを無料でさわるだけで、最近のトレンドであるDeFiやNFTまで体験できます。

リスクゼロでこれだけ多くの体験をひとつのプロジェクトでできるチャンスは滅多にないので、初心者の人にぜひチャレンジしてほしい。

これから画像をたくさん使って、始め方を解説していきますね。

ICPSwapを実践【5ステップ】

以前のエアドロップイベントで条件になっていたToDoに沿って、ICPSwapの使い方を解説します。

ICPSwapを実践【5ステップ】

ステップ①:ウォレットをつくって、USDAを無料で受け取る

ステップ②:USDAをICSTにスワップ(交換)する

ステップ③:Ad(広告)をつくる

ステップ④:チャットに参加する

ステップ⑤:Liquidity(流動性)を提供・解除する

とりあえず、無料だし、リスクゼロなので、解説を見ながら気軽に遊んでみてくださいね。

ステップ①:ウォレットをつくって、USDAを無料で受け取る

まずは、ウォレットをつくりましょう。

ICPSwapにアクセスして、「Beta 2.0」をクリック。

「Created Wallet」をクリック

好きなウォレット名とパスワードを入力して、「Confirm」ボタンをクリック。

シードフレーズをメモしましょう。

絶対に無くさない!絶対に誰にも教えない!

しっかり、メモした文字に間違いがないか確認して、問題がなければ「Direct to the Homepage」ボタンをクリック。

無事ウォレットが完成です。

次に、USDAという通貨を無料で受け取りましょう。

右上あたりの「Test Faucet」ボタンをクリックして、「Claim」ボタンをクリック。

これで、10,000USDAもらえます。増えているから確認しましょう。

次は、ステップ②です。

ステップ②:USDAをICSTにスワップ(交換)する

USDAをICSTにスワップします。スワップとは、別の通貨と交換することです。

左側の「Swap & Liquidity」ボタンを押します。下の画像のような画面が出たら、中央の「Swap」タブを押します。

とりあえず、1,000USDAをICSTにスワップしましょう。ICSTの量は勝手に決まります。

問題なければ「Confirm Swap」をクリック。

ウォレットに反映されているか確認しましょう。すぐに反映されない場合は、数分おいてページをリロードしましょう。

無事、ICSTが増えてますね。

ステップ③:Ad(広告)をつくる

次は、広告をつくってみましょう。

どういう機能なのかよくわかりませんが、実際のお金が減るわけじゃないので、気にせずやっちゃいましょう。

左側の「Ads」を押すと、配下に「Ads Center」が出てくるのでクリック。

下のような画面が出たら、右側の「Create an AD」をクリック。

ほんと適当でいいです。

無事リストに表示されました。

次は、ステップ④です。

ステップ④:チャットに参加する

左下あたりの「Chat」ボタンをクリック。

下のような画面が出たら、「Join Chat Rooms」ボタンをクリック。

すると、チャットルームの一覧が出てきます。試しに、一番公式っぽい「ICPSwap」というチャットに入ってみましょう。

メッセージを送ってみましょう。

基本的なチャットの遊び方は以上です。いろいろ入ってみると楽しいかも。

ステップ⑤:Liquidity(流動性)を提供・解除する

DeFiの醍醐味「Liquidity」を体験しましょう。

DeFiの世界でのLiquidity(流動性)は、2つの通貨をペアにして預けて、利息をもらう行為を意味します。

しっかり学びたいかたは、ネットで検索してみてください。これがある程度わかると本格的にDeFiを始められるレベルです。

とりあえず、やってみます。

左側の「Swap & Liquidity」から、「Liquidity」タブを選んで「Add Liquidity」をクリック。

今回は「ICST」と「USDA」をペアにします。

一方の量を決めれば、もう一方も勝手に決まります。

好きな量を決めて、「Confirm」をクリック。

無事反映されたかチェック。

ちなみに、このLiquidityで預けた分のUSDAとICSTの数量は、ウォレットから減っています。

次は、このペアを解除してみましょう。預けたものを引き戻すイメージです。

右下の「Remove Liquidity」をクリック。

スライドバーで解除する量を決めます。今回は全額解除します。

無事解除できたかチェック。

解除した分は、ウォレットに無事戻っていますか?確認してみてくださいね。

これで、ICPSwapの基本的な操作は習得できました。

ビッグボス
ビッグボス

意外と簡単じゃあねぇかぁ。ガチDeFiももう始められるな。

【まだ間に合う】エアドロップ(給付金)をもらう方法

いったんは終了したICPSwapのエアドロップ(給付金)ですが、まだチャンスがあります。

正確な締切日がないので、安全を期して「2021年12月16日」までに申し込みましょう。

このツイート内にリンクされているGoogleフォームで申し込みができます。

記入する内容は下の画像のとおりです。

一部英語で書かれているので、記入項目を日本語でリストアップしました。

記入内容
  1. メールアドレス
  2. メールアドレス(再入力)
  3. ICPSwapのウォレットアドレス
  4. ICPSwapに関する自作メディアのリンク(記事、ビデオ、その他)
  5. コンテンツを公開するために使用したメディアプラットフォームのアカウントおよび個人ページのスクリーンショットまたは動画(提供されたコンテンツがお客様によって作成・公開されたことを証明するため)のアップロード

5番目の証拠のアップロードがクセモノです。正解がわかりませんが、それっぽいものを用意しましょう。

自作メディアは、ブログを持っていない人はnoteで始めるのが一番ラクです。

YouTuberの人は、YouTubeで解説動画をつくるのもいいと思います。

あわせて読みたい

タイトルとURLをコピーしました