仮想通貨

ICPのロードマップを読み解こう

仮想通貨

ノンホルダー・リトです。

先日、DominicさんがMediumで、
ICPのロードマップについて公開しました。

早速、読み解いていきましょー。

原文はこちらです。

Announcing Internet Computer “Mainnet” and a 20-Year Roadmap
The Internet Computer is the world’s first blockchain that runs at web speed and can increase its capacity without bound.

DFINITY Status Update, New Year 2021

I have some exciting news

さて、どんなニュースでしょうか。

この章は、これまでのICPのあゆみについて書かれています。

翻訳です。

このプロジェクトに初めて触れる方のために説明しますと、
インターネットコンピュータはウェブスピードで動作し、
あらゆる量のスマートコントラクトの計算をホストし、
あらゆる量のデータを保存するために
制限なく容量を増やすことができる
世界初のブロックチェーンであり、
NNSはネットワークを制御する
オープンなアルゴリズムによるガバナンスシステムです。

NNSは、ネットワーク自体の中でホストされており、
ノードマシンの計算能力を安全に織り交ぜて
インターネットコンピュータブロックチェーンネットワークを構築する
プロトコルシステムの一部であり、
ネットワークが自律的かつ適応的であることを可能にしています。

ポイントは2つです。

  • ICPは、データを早く動かし、
    たくさん保存できるブロックチェーン
  • NNSは、それを制御する自律型のプロトコル

NNSは、メインネットが暗号化された初期設定を行って起動すると、
ネットワークの計算能力を高めるために新しいノードマシンを導入したり、
ネットワークプロトコルを更新するために
ノードマシンをアップグレードしたりするなど、
継続的なネットワーク管理タスクを指揮する責任を負いました。

嬉しいことに、NNSは立ち上げ後すぐに、
新しいサブネット(インターネットコンピュータネットワーク内の
特殊なブロックチェーンで、他のブロックチェーンと
シームレスに統合して容量を増やすことができる)への
ノードマシンの導入と、サブネットのノードのアップグレード
という2つの初期提案を処理しました。

つまり、NNSはすでにネットワークの構築と進化を始めているのです。

ポイントは2つです。

  • NNSは、しっかり動いている
  • NNSは、すぐに初期提案の処理を実行した

NNSとても偉い子ちゃんですね。

このような進展は、これまでのところ、ほとんどの場合、
ネットワークに関わる人々にしか見えていませんが、
この最初の分散化のステップを無事に通過したことは、
非営利団体であるDFINITY財団、
インターネットコンピュータプロジェクトに貢献したすべての人々、
現在物理的なネットワークを構築している多くの関係者、
そして、この新しいネットワークが可能にするものから
利益を得ることになる世界中のすべての人々にとって、
まさに記念すべき瞬間です。

もちろん、ネットワークのブートストラップは
Mercuryマイルストーンの一部として行われましたが、
これは2019年夏に発表された5つ目の打ち上げマイルストーンであり、
予定通りに達成できました。

とにかく出だしは好調だったということですね。

マーキュリーに到達したことで、
最後の「ジェネシス」の分散化ステップに向けて、
比較的短い道のりを歩むことになります。

これは、Network Nervous Systemが
ICPユーティリティトークン(以前は「DFN」と呼ばれていた)を
投票ニューロンの形で保有者にリリースするもので、
トリガーとなる提案を処理した後、
おそらく2021年第1四半期中に発生します。

これは、2021年第1四半期中に発生するであろう
トリガー提案を処理した後に発生します。

ジェネシスが発生すると、
受信者はネットワークガバナンスへの参加を開始し、
ニューロンを溶解して内部のトークンを放出し、
それをサイクルに変換して計算に使用したり、
目的に応じて転送したりすることができます。

しかし、NNSがネットワークの利益のために
Genesisを起動するためには、
様々な追加ゲートを通過しなければならないことが予想されます。

ポイントは2つです。

  • $ICPは予定通りリリースされた
  • $ICPをサイクルに変換することで、計算やデータの送受信ができる

これは、今現在もしっかり動いている機能ですね。

休暇明けの今、複数の関係者が、
インターネットコンピュータプロジェクトが
Genesisへの迅速な立ち上げのために、
これらの残りのゲートを通過するのを支援しなければならない。

ゲートとは、DFINITY財団がまだ公開されていない
すべての関連ソースコードを公開すること、
インターネット・コンピュータ・ネットワークを実現する
Chain Key暗号とプロトコル数学の完全な説明を含む
ICP(インターネット・コンピュータ・プロトコル)に関する
膨大な量の技術・設計情報を公開すること、
セキュリティ監査とストレステストを無事に通過すること、
Mercuryでは実現できなかったいくつかの追加機能を公開することなどであるが、
これらに限定されるものではない。

また、現在開発中のインターネットコンピュータプロジェクトの範囲と
質をより反映したオンラインコンテンツのリニューアル版の公開、
物理的なネットワークとその参加者に関する詳細な情報の提供、
ノードの供給やネットワーク構築への参加を希望する者への
サポートサービスの提供、
DFINITY財団と新たに設立された
インターネットコンピュータ協会に関する詳細な情報の提供など、
様々なことを行っています。以上が最終段階です。もうすぐですね。

ポイントは2つです。

  • Genesisが達成されると、ICPのあらゆる情報が公開される
  • 現在も精力的に情報の公開を進めている

この一文が心躍りますね。

Chain Key暗号とプロトコル数学の完全な説明を含む
ICP(インターネット・コンピュータ・プロトコル)に関する
膨大な量の技術・設計情報を公開すること

読んでも数%も理解できないんだろうけど、
ブロックチェーンの技術資料を眺めるだけでも心躍りますよね。

マーキュリーは、技術的に素晴らしい成果を上げ、
他に類を見ないブロックチェーンのビジョンを実現していますが、
この段階でも、多くの独立した関係者の努力なしには、
ネットワークを構築することはできませんでした。

舞台裏では、COVID-19のパンデミックによる困難にもかかわらず、
いくつかのメーカーが物理的なネットワークを構築するために使用される
第1世代の標準化されたインターネットコンピュータのノードマシンを製造しており、
何十人もの独立した資金提供者が、
最初のデータセンターへのノードマシンの配備に資金を提供し、
管理するために乗り出しています。

この記事を書いている間にも、何百台もの新しいノードマシンが
大規模な努力によってデータセンターに配備され、
その多くがすでにNNSが
インターネットコンピュータの容量を拡大するために
ネットワークに織り込む形で稼働しています。

このネットワークは、今後数年間で、
何千ものデータセンターから稼働する
数百万のノードに成長すると予想されています。

これがブロックチェーンとインターネットの両方にとって
重要な瞬間であることは、歴史が証明してくれると期待しています。

ポイントは1つです。

  • どしどしノードを増やしている

これは、ほんとどんどん進めて欲しいですね。

ノードが広がれば広がるほど、
ICPの使い手を受け入れる準備ができるのです。

しかし、投資家たちの資金は、回収できるんでしょうか。

この辺のリターンの仕組みがまだ見えてこないですね。

Genesisについて詳しく書く前に、
この機会にInternet Computerプロジェクトとは何かを確認しておきましょう。

このプロジェクトは、先進的なブロックチェーンの研究とエンジニアリングに
他のどのプロジェクトよりも膨大な時間と資金を投入し、
世界中に専用の研究センターを構築し、
2017年に最初の分散型資金調達を実行した後、
伝統的なブロックチェーンを超えて、金融システムだけでなく、
あらゆるシステムやサービスを世界が構築する方法を
根本的に再考するための科学とエンジニアリングに注力するために姿を消しました。

この辺のことは、他のデータなんかも見てみないと、
どれだけすごいのかわかりませんね。

でも、頑張ってるんだぞ!、という熱意は入ってきますね。

TIP:

ブロックチェーンに関する一般的な先入観は、
インターネットコンピュータのブロックチェーンの
技術力を把握しにくくしています。

既存のブロックチェーンのアーキテクチャや
制限に関する知識と対応させようとせず、
説明されている機能を理解することで、
よりシンプルなエントリーが可能になります。

この一文超重要です。

そもそも他のブロックチェーンと
比較すること自体がよろしくないということです。

先入観を外して、これから、
続きを読んでいきましょー。

小活

この元記事ですが、
読了に1時間以上かかる内容になっています。

焦らず、ゆっくり読み解いていきましょー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました