仮想通貨

ICP(DFINITY)のDapps「OpenChat」体験記

仮想通貨

ノンホルダー・リトです。

今日は、ICPのOpenChatに触れてみたので、
簡単に体験記を書きます。

Internet Identityでログイン

まずは、ICPではおなじみの
Internet Identityでログインします。

Internet IdentityはICPの
あらゆるアプリケーションで使える
アカウントです。

AppleでいうiCloudアカウントです。

作りかたは、こちらの記事を参考にどうぞ。

無事、Internet Identityを連携できたら、
下の画像が出ます。

好きな表示名を入れましょう。

これで、完了です。

いざ、OpenChatの世界へ

意気込んで入ったら、こんな感じでした。

TEST MODEの注意書きが表示されます。

サクッと確認して消すと、そこはダークネス。

自分の名前以外なにもありません。

このSNS時代に、孤独を味わえます。

ものすごく不安にさいなまれました。

誰かいないのか?

仕方ないので、Google検索で、
招待コードを貼っている人がいないか探しました。

検索ワードは「Openchat Invitecode」です。

唯一、redditで招待コードを
載せている投稿がヒットしました。

Stevesさんか、その系譜の名前の人しか募集していないのですが、
孤独に耐えられずコードを打つことに。

グループ名は「Only Steves」。

招待コードをコピペして、チェックボタンをクリックします。

無事入ることができました。

しかし、LINEと同じように、
グループの参加以前の投稿は何も表示されない。

恐る恐るあいさつ。

オンライン状態はリトだけなので、

あとは、寝て待ちます。

チャットから返事が来たら、
また報告します。

ちなみに、このグループは31名で、
約半分が指定の名前以外の人でした。

ゆるゆるで安心しました。

まとめ

一連の画像をみてもらうとわかると思いますが、
ほぼTelegramです。

まだテスト版なので、
インターフェイスもシンプルです。

インターネットの世界で孤独を感じたい人は、
一度さわってみてはいかがでしょう。

ここまで虚無だと、OpenChat上で瞑想ができそうです。

免責事項

本記事を参考にした事によるいかなる不利益について、管理者は一切の責任を負いかねます。

DYOR, NFA

コメント

タイトルとURLをコピーしました