仮想通貨

仮想通貨の端数を処理する方法

仮想通貨

ノンホルダー・リトです。

仮想通貨投資をやっていると、
どうしようもできない、
すごい小さい数の通貨が
残っちゃったりしませんか?

0.00042 BTC

みたいな。

複数の取引所を使っていて、
端数があると、
なんだかすっきりしませんよね。

この端数のせいで、
管理が面倒になり、
利確の計算も煩雑になりかねません。

そこで、すっきりさせる方法を紹介します。

この記事の対象者

  • 仮想通貨を初めたての初心者
  • 何度か利確をした確定申告予定の人

こちらに当てはまる人に向けて書きました。

端数処理の方法は2つ

端数の処理の仕方は2つあります。

  1. 買い増しして、
    送金手数料を考慮して、
    残高がゼロになるように出金する
  2. 販売所で売却
    ※販売所は最低取引額が緩い場合が多いです

それでは、この2つの方法について、
解説していきます。

端数処理1:買い増しして送金

もし、あまりにも単位が小さいために、
出金も売却もできない
端数があったりしませんか?

0.00000000000005 BTC

みたいな。

複数の取引所を利用していて、
整理したいときに不便ですよね。

この場合は、思いきって買い増しましょ。

そうすると、出金手数料や売却最低額を超えるので、
端数も一緒に掃き出すことができます。

例えば、こんな感じです。

残高をゼロにしたい端数があります。

0.00000000000005 BTC

$BTCを別の取引所にまとめたい、とします。

送金手数料が
0.00001 BTC
だとします。

この場合、0.00001 BTC以上買い増すことで、
送金が可能になります。

デメリットとその解消

とはいえ、ギリギリを攻めても、
手数料より低い額を手数料払って
掃き出すことになります。

これを避けるためには、
十分な金額で買い増して、
手数料を払うことが
適正な手段になるようにしましょう。

目安は送金手数料の100倍の金額です。

そうすれば、手数料は
買いました分の1%程度になるので、
損した気分が薄れます。

端数処理2:販売所で売却

もし、端数がある取引所が、
販売所を運営していれば、
ラッキーです。

買い増し送金する方法より、
シンプルにゼロにできる可能性があります。

なぜなら、販売所は、
最低取引数量がかなり小さいからです。

bitbankの販売所と取引所の
最低取引数量を比較しましょう。

BTCを例にしました。

bitbank最低取引数量
取引所0.0001 BTC
販売所0.00000001 BTC
https://bitbank.cc/docs/pairs/

こちらの例だと、販売所は取引所の
10,000分の1になっています。

これだけ小さければ、
端数をゼロにすることは
簡単ですよね。

デメリットとその解消

とはいえ、
販売所での売却は、
取引所に比べ割安になることが多いです。

これはデメリットです。

ただし、そもそもどうしようもなく
小さい単位なので、
それに対する割安感って、どれほどでしょう?

1円程度の差にしかならないかもしれません。

それで、今後の資産管理が楽になるなら、
思いきって販売所で売却するのもありです。

最低取引数量を確認するリンク集

国内の主要な取引所の公式HPより、
最低取引数量に関するページをまとめました。

bitbank

bitflyer

coincheck

GMOコイン

まとめ

なんだかうっとうしい端数。

それをゼロにするには2つの方法があります。

  1. 買い増しして、
    送金手数料を考慮して、
    残高がゼロになるように出金する
  2. 販売所で売却
    ※販売所は最低取引額が緩い場合が多いです

どちらも一長一短がありますので、
うまく利用しましょー。

免責事項

本記事を参考にした事によるいかなる不利益について、管理者は一切の責任を負いかねます。

DYOR, NFA

コメント

タイトルとURLをコピーしました