仮想通貨

ethereumとethereum classicの違い

はじめに

ノンホルダー・リトです。

ethereumのトークンであるETHは

最近かなり上がってきていますね。

しかし、その兄弟分とも言うべき

ethereum classicのトークンであるETCは

2021年の年初来20倍近い大暴騰となっています。

とはいえ、価格はETHの方が全然高いです。

そもそもこのethereumとethereum classic

の違いはなんなのか?

今日はそれを軽く紹介していきます。

ハードフォークについて知ろう

ethereum classicはethereumから

ハードフォークしたブロックチェーンの名前なのです。

ハードフォークについて、

まずお話しします。

実は多くのブロックチェーンでは

それぞれ利用者の投票によって、

今後の運用がどうあるべきか

決められることがあります。

この時に、なんらかの大きなトラブルや

革新的な変化の必要が求められたときに、

違うブロックチェーンに形を変えることがあります。

これがハードフォークという名前のイベントです。

フォークの先が何本かに分岐しているように

ブロックチェーンが分岐するイメージで、

そういった名前がつけられています。

ハードフォークが起こると、

別れたブロックチェーン同士は、

永久的に交わることはないです。

ちょうどこの世界にいるかわいい生物、

プラナリアのイメージです。

別れたらそれぞれ違う個体で生息しますよね。

では、なぜ分岐したのか?

ethereum classicが誕生した理由

ethreum上で構築された

The DAOというプロジェクトの失敗が原因で、

ハードフォークがおきました。

The DAOとは?どんな事件が起きたのか?

The DAOとは、分散型自立組織の略で、

ざっくりいうと

企業活動をほとんど自動でコンピュータが

設定されたアルゴリズムによって行う

というイメージです。

もともとethereumは、

このアイディアを形にするために

ブテリン氏が作ったブロックチェーンです。

それを本格的に形にしようとした

プロジェクトでありアプリケーションが

The DAOです。

The DAOは、

投資ファンド会社みたいなサービスを

提供するプロジェクトで、

当時かなりの人気を集めました。

The DAOにお金を注ぎ込んだ人が

たくさんいたということです。

しかし、時間が経つにつれて、

とんでもない脆弱性が何個も見つかり、

実際にハッキングによって、

8,000万ドル相当のETHが

盗まれた事件が起きました。

これをきっかけに、当時、

The DAOによって高騰していた

ETHのバブルが弾けました。

それと同時に、

ethereumブロックチェーンに対する

懐疑的な声も広がる結果となりました。

ハードフォークが起きた訳

では、なぜハードフォークが起きて、

ethereumから別れる形で

ethereum classicという

新たなブロックチェーンが誕生したのか。

色々説明ははしょってしまいますが、

The DAOへのハッキングによって、

ethereumのチェーン自体を

うまく修正することが

ほとんど現実的ではなくなってしまったのです。

そのため、

The DAOの事件が起こる前のチェーンを引き続き使う

ethereum classicと

(classicが付いているのはそういう理由です)

The DAOの事件が起こる前のことはもう忘れて、

新たな一歩を踏み出そうということで、

今のethereumという

2つのブロックチェーンに分岐するという

ハードフォークが起きました。

なので、どちらかというと

今ethereumと言われている方が、

新たに誕生したと言う方が

正しいのかもしれません。

ethereumはある意味、ブロックチェーンの本質から外れた

実は、この時、

ethereumに鞍替えする人には、

盗まれたETHを全額返すことが

約束されていました。

なので、全ユーザーが

新たに誕生したethereumを選べば、

事実上ethreum classicは無くなるはずでした。

では、なぜそうならなかったのか。

それはブロックチェーンの

美学を否定することになるからです。

ブロックチェーンは基本的に

誰も改竄できなくて、

過半数の利用者が認めない限り、

永久に記録された情報が残り続ける

技術です。

つまり、簡単に変更が効かないことに

一つの美学があるわけです。

新たなethereumの分裂は、

その美学に反するわけです。

今までのことを無かったことにしたからです。

それに反発するある意味で

真面目な利用者が相当数いたため、

ethereum classicが残ったわけです。

まとめ

ethereumはハードフォークしたため、

今ethereumと呼ばれているものと、

ethereum classicの2つになりました。

ethereum classicはThe DAOによる

業を背負ったいぶし銀なブロックチェーンだったのです。

しかし、今メインで使われているのは

ethereumの方です。

ただ、今回のethereum classicの

冒頭を見ていると、

結局、どっちがいいのか

真の答えは見えていないですね。

免責事項

本記事を参考にした事によるいかなる不利益について、管理者は一切の責任を負いかねます。

DYOR, NFA

コメント

タイトルとURLをコピーしました