仮想通貨

DeFi運用の反省

仮想通貨

ノンホルダー・リトです。

現在、仮想通貨の運用を振り返っています。

そこで、思い出された反省を綴ります。

リトみたいにはならないで欲しいからです。

取引したら記帳しましょ

はい。誰もがめんどくさがる記帳。

でも、これ自分でやらないと、
いくら利益出ていて、いくら損しているのか
わからなくなります。

DeFi運用だとより複雑になります。

仮想通貨同士の交換をよくするからです。

実は、仮想通貨同士の交換は、
課税対象です。

交換元の通貨をいくらで手に入れて、
それがいくらのときに他の通貨に交換したか。

この差分が収益とみなされるからです。

なので、日々記帳していないと、
課税対象がいくらなのかわかりません。

結果として、税引後利益、つまり本当の利益がいくらなのか、
まじでわからなくなります。

もちろん、記帳しなくても、
トランザクション記録を見ればわかります。

でも、確定申告するときは、
それをちゃんと集計しないといけません。

リトみたいな貧弱投資家は、
税理士さんや有料ツールに
頼むほど運用していないので、
自分でやるしかありません。

同じような人もいると思います。

いま、取引記録を整理しておけば、
絶対に楽なはずなので、一緒に頑張りましょー。

記帳と集計が終わったら、またシェアします。

DeFi銘柄は短期目線で

リトは、最初のころ、
DeFi銘柄を長期目線で保有していました。

結果、ものによっては、
1週間もしないうちにゴミになる
トークンもたくさんありました。

  • Value DeFi
  • Firebird
  • XVS
  • TITAN
  • などなど

界隈で盛り上がっていたから、
きっと大丈夫だと、
そんな甘い考えで、たくさん損しました。

現在のリトの運用は、
まちがいなく赤字です。

リトと同じように
サラリーマンの人は、
DeFiに張り付くことは難しいですよね。

でも、DeFiは1分1秒を争う世界です。

ガチホという概念は基本捨ててOKです。

ほんとうに信用できるとか、
これからもっと人気になるとか、
確信がないなら、短期目線を持ってください。

DeFiはまじでランダムウォーカー

株やFXなら、社会的な動向で
多少の傾向はあります。

もちろん、投資手段として、
歴史が深いからというのもあります。

それらですらランダムウォーカーと言われています。

つまり、誰にも予測できない
気まぐれちゃんたちです。

DeFiは歴史も浅く、
社会的な動向の影響も薄いです。

無数の仮想通貨ユーザーの
好き嫌いが影響要因として大きい。

それに加えて、
詐欺プロジェクトやハッキングリスクなど
DeFiプロジェクトを作った人ですら
予測できないリスクがたくさんあります。

なので、リトは一般的な投資よりも
DeFiはよりランダムウォーカーだと考えています。

そんな超絶気まぐれちゃんとお付き合いするのです。

その覚悟を持ってください。

誰も悪くないのに、
崩壊するDeFiプロジェクトは
枚挙にいとまがないです。

結論:DeFiを好きになる覚悟はあるか

DeFiを始めて、損失からスタートする人は、
大勢います。

リトもその1人です。

それでも、好きなのは、
これが革命的な概念だからです。

誰もが自由にお金を貸し借りしたり、
わけわかんない利回りを享受したり。

こんなトキメキに魅入られてしまうのです。

たくさん痛い思いを味わっても、
いつか相思相愛になれるように
お付き合いできる人は、
ぜひDeFiの世界に飛び込みましょー。

リトのことは嫌いになっても、
DeFiのことだけは嫌いにならないでください。

免責事項

本記事を参考にした事によるいかなる不利益について、管理者は一切の責任を負いかねます。

DYOR, NFA

コメント

タイトルとURLをコピーしました