仮想通貨

仮想通貨投資の税金対策:Part-01

仮想通貨

ノンホルダー・リトです。

仮想通貨投資の税金対策、
ややこしすぎます。

今、がんばって取引記録を整理しています。

でも、どんな取引行為が課税対象になるのか。

正直、わかっていない項目もあって。

どう記録をつけたらいいのか、
悩んでいます。

同じような人の助けにたいです。

課税対象になる取引行為

課税対象になる取引行為の一覧です。

  1. 仮想通貨を日本円などの法定通貨に戻したとき
  2. 仮想通貨同士を交換したとき
  3. 仮想通貨でモノを買ったとき
  4. エアドロップなどで仮想通貨をもらったとき
  5. マイニングやステーキングで報酬を受け取ったとき
  6. DeFiファーミングで報酬を受け取ったとき
  7. Poolした仮想通貨を引き出して増減があったとき
  8. Lending(貸出)、Vault(担保預入)で利息収入を受け取ったとき
  9. 債券トークンを売却したとき

吐きそうになるほど、多いですね。

3日に分けて、解説していきます。

課税行為①:仮想通貨を日本円などの法定通貨に戻したとき

これは、もっとも基本的なものです。

購入した仮想通貨を売却したときですね。

特に、仮想通貨を売却して
日本円やドルを受け取ったときです。

このときの利益分が課税対象になります。

計算式

例えば、1$BTCを100,000円で購入します。

その後、1$BTCが120,000円に値上がりしたので、
売却することにしました。

このときの利益が課税対象になります。

利益=収入 – 費用
  =120,000円 – 100,000円
  =20,000円

この20,000円に対して、税率がかかって、
支払う税金額が決まります。

コラム:他の所得区分との損益通算はできない

逆に損益が出れば、その分、課税対象額は減ります。

1年間で仮想通貨に関する損益が、
損失で終わっていれば、課税はされません。

ただし、給与収入や事業所得など、
他の所得区分と損益通算することはできません。

課税行為②:仮想通貨同士を交換したとき

これは、ほんと大っ嫌いな決まりです。

だって、計算がややこしいから。

例えば、$BTCを$ETHに交換したとき、
もとの$BTCを購入したときの日本円換算額と、
$ETHに交換したときの日本円換算額の
差額が収入とみなされます。

そして、その差額の収入に対して課税されます。

計算式

例えば、1$BTCを100,000円で購入します。

のちに、1$BTCが120,000円のときに、
1$BTCを0.1$ETHに交換します。

このときの日本円での差額分が
利益とみなされ、課税対象になります。

利益=120,000円 – 100,000円
  =20,000円

いやー、ややこしい。

コラム:この計算が一番だるい

常に、仮想通貨の時価を気にしないといけません。

しかも、確定申告するときは、
一定のルールを貫かないといけません。

もし、仮想通貨同士の取引のときの
時価計算をその取引時点で取っていたら、
この1年間はそのデータの取り方をしないといけない。

あとあと、だるくなって、記録の取り方を変えたくても、
それも結構面倒くさくなる。

この辺は、戦略的にいかないといけません。

人によっては、以下のようなパターンで取っています。

  • 取引時点の時価
  • 取引した日の終値

この2パターンが多いです。

コラム:さらにだるい、ドル表記

DeFiや海外取引所を利用していると、
仮想通貨の金額表示は基本「ドル」です。

そう、仮想通貨どうしの取引の
損益計算をするには、
ドルを円に換算しないといけないです。

そして、このドルから円への換算も
その1年間は貫き通さないといけないのです。

こちらも以下のようなパターンで
換算する人が多いです。

  • 取引時点のドル円レート
  • 取引日の終値

仮想通貨もドル円も
終値の定義をどうするか、
貫き通さないといけない。

23:59なのか?とか。

一度、その取り方にしたら、
それを守り抜かなくてはいけません。

1、2分の誤差なら、
許してもらえそうな気もしますが、
それは確定申告してみないとわかりません。

税理士にお願いするほどの金額で運用していない
リトにとってはとても頭を抱えるのです。

課税行為③:仮想通貨でモノを買ったとき

これも課税対象になります。

基本的な、計算方法は、
仮想通貨同士の交換と同じです。

仮想通貨で支払ったときの時価と
その仮想通貨を購入したときの時価の
差額が課税対象です。

計算式

例えば、1$BTCを100,000円で購入します。

のちに、この1$BTCで家電を購入しようとします。

このときの、1$BTCの時価は、120,000円です。

この差額が利益とみなされ、課税対象になります。

利益=120,000円 – 100,000円
  =20,000円

免責事項

本記事を参考にした事によるいかなる不利益について、管理者は一切の責任を負いかねます。

DYOR, NFA

コメント

タイトルとURLをコピーしました