仮想通貨

仮想通貨やるならブラウザのプロファイル機能を使おう

仮想通貨

ノンホルダー・リトです。

イケハヤさんのメルマガ登録してますか?

最近、そのメルマガから、
めちゃくちゃ有益な講義動画をもらいました。

有益な情報が満載でした。

その一つが、これです。

「ブラウザのプロファイル機能を使う」

ささっと解説しまーす。

プロファイル機能のメリット

プロファイル機能の最大のメリットは、2つです。

  • セルフGOXのリスクが格段に下がる
  • ブラウザを複数立ち上げて、複数のブロックチェーンを参照できる

です。

これ、目から鱗です。

Metamaskで複数のブロックチェーンを管理していると、
毎回ブロックチェーンを切り替えないといけません。

それが原因で、
間違ったブロックチェーンに送金する
危険性が高まります。

さらに、ブリッジをしようと思って、
アドレスを参照しようとすると、
Metamask上で、
ブロックチェーンの切り替えが必要で面倒です。

こういったトラブルを避けることができるのが、
ブラウザのプロファイル機能です。

参考まで

ブリッジとは、あるブロックチェーン上にあるトークンを
別のブロックチェーンに送ることです。

例えば、ethereum上にある$ETHをPolygonに送る、とかです。

ブラウザのプロファイルとは?

今回は、chromeブラウザを対象に解説します。

プロファイルとは、ブラウザのユーザーアカウントです。

PCのローカルユーザーみたいなものです。

PCを家族で使っている人は、
PCのローカルユーザーアカウントを、
利用者ごとに作ったりすると思います。

それと同じことをブラウザでも設定できます。

Googleアカウントとは別ですよ

ここで、混同してしまうのが、Googleアカウントです。

メールアドレスとか作る、あれです。

そのGoogleアカウントとプロファイルは
まったくの別物です。

これは、そういうものと思っちゃってください。

一つのプロファイル上で、
複数のGoogleアカウントを
切り替えて利用できます。

なぜ仮想通貨でブラウザのプロファイル?

本題です。

なぜ仮想通貨をさわるとき、
ブラウザのプロファイルを使うのか?

もしみなさんが、
複数の仮想通貨を複数のブロックチェーンで利用しているなら、
プロファイル機能は便利です。

安全にブロックチェーンの接続を切り替えることができます。

webウォレットのMetamaskでは、
複数のブロックチェーンに接続できますよね。

BSC、ETH、Polygon、Polkadot、Cosmos、Solanaとか。

でも、単一のウォレットでブロックチェーンを切り替えると、
セルフGOXの可能性がグッと上がります。

セルフGOXは送金時にアドレスを間違えたせいで、
仮想通貨を失ってしまうことです。

セルフGOXを避けるために、プロファイル機能を使うのです。

セルフGOX事例

自分がPolygonネットワークに接続しているとします。

友人にethereum上の$ETHを送りたいとします。

でも、自分はPolygonネットワークに接続していることに
気づいていなかったとします。

そして、Polygon上の$ETHを、
ethereum上の友人のウォレットアドレスに送金してしまいます。

そうすると、ネットワークが違うので、
友人には$ETHは届かず、自分の元にも返ってこない、
セルフGOXが発生するのです。

一つのwebウォレットで、
複数のブロックチェーンを利用していると、
この「気づけない」が多発します。

それを避けるために、
ブラウザ自体をブロックチェーンごとに使い分けるのです。

これがプロファイル機能のメリットです。

プロファイルをつくろう。超簡単です。

chromeでプロファイルを複数作ってみましょー。

今回は、BSCとPolygonの2つを管理するケースです。

ステップ①:ブラウザ右上の人マークをクリック

ブラウザを立ち上げたら、
右上の人マークをクリックします。

ステップ②:プロファイルを追加をクリック

下の画像のような小窓が出たら、
プロファイルを追加をクリックです。

ステップ③:アカウントなしで続行をクリック

上のような画面が出たら、
「アカウントなしで続行」をクリックです。

ステップ④:プロファイル名とテーマカラーを設定

プロファイル名は、ブロックチェーン名がおすすめです。

一目でわかりやすいです。

ステップ⑤:プロファイル完成

色のテーマも変えてみると、
視覚的にも覚えやすいです。

上の画像のように、黄色にしてみました。

BINANCEのテーマカラーですよね。

あとは、同じ容量でethereumも作りましょー。

こんな感じにしました。

ちゃんと、BSC用プロファイルもリストに出ていますね。

こんな感じで、使っているブロックチェーンごとに、
プロファイルを錬成しまくりましょー。

こういう作業って、地道で楽しいですね。

まとめ

複数のブロックチェーンを管理するのは大変です。

それを効率化するのがブラウザのプロファイル機能です。

セルフGOXのリスクもグッと下がります。

ほんのちょっと面倒だと思う人もいるかもしれません。

でも、
自分の資産を守る大事な作業です。

じゃんじゃんプロファイル錬成して、
じゃんじゃんブロックチェーンを触っていきましょー。

免責事項

本記事を参考にした事によるいかなる不利益について、管理者は一切の責任を負いかねます。

DYOR, NFA

コメント

タイトルとURLをコピーしました